裁判に使う不貞の証拠

浮気する男もいれば、浮気する女もいる世の中で、浮気に悩んでいる人は多いと思いますが、自分の配偶者が浮気や不倫によっておかしくなってくると、夫婦生活が破たんしてしまいます。

そうならないように、法律を盾にして配偶者に戻ってきてもらうか、又は出ていってもらうか決まるのです。

法律的に不貞というのは「配偶者以外の異性と、一定期間、継続的な肉体関係がある」状態を言い、これらの不貞行為を証明する事がキーポイントとなります。

メールの内容を見ただけでは、浮気や不倫の確信になりますが、それらを取っておかないといけないですし、本当に肉体関係があったのかということになると、まだ決定的な証拠とはならないのです。

法律を使って慰謝料の請求をするには、言い訳をさせないように、刑事ドラマのような「証拠で黙らせる」必要があるのです。

こういった決定的な証拠は、慰謝料請求や調停や裁判で争う際にも明暗を分けると言われていて、離婚だけでは無く、まだ前段階の婚姻中であっても訴えることが出来るのです。

そういった意味でも証拠を押さえるには、法律的な知識が必要なのと、専門家に相談する事がトラブルを回避するにも良い方法になるのです。

もちろん慰謝料なども、必ず自分の希望がもらえるわけではないので、責任がどちらにあるのかによっても、裁判では左右されてきて、実は性格の不一致などの場合でも慰謝料が認められない事もあるのです。

その為に相手の不貞は徹底的に調べて証拠を残すことが重要で、浮気調査をすることが将来の生活の為になります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ